Hugh's Life

ニューヨークで活動中のフォークバンド、ブリューグリーン•アンド•ザ•バビロンズのシンガーソングライターHugh Yamadaが送る日々の生活日記

パリ

第164話 旅立ち 再び

どうも!ヒューです!

みなさん、お元気にしていらっしゃいますか?
札幌、苫小牧、函館、青森、大館、藤里町、上小阿仁村、 秋田市、横手市、盛岡市、花巻市、気仙沼市、登米市、仙台市、川西町、郡山市、日立、大子町、栃木県、久喜市、川口、飯能、東京、川崎、長津田、鎌倉、秦野、箱根、三島、清水、静岡、島田、浜松、瑞浪市、岐阜市、名古屋、一宮、京都、大阪、河内長野、池田、神戸、姫路、岡山、高松、宇和島、今治、尾道、広島、山口市、萩市、下関、小倉、福岡市、長崎市、島原、熊本市、南小国、湯布院、別府、宮崎市、鹿児島市、屋久島、奄美大島、加計呂麻島、本部、沖縄市、恩納村、那覇市、糸満、宮古島、石垣島、竹富島

日本全国のみなさん!ご無沙汰しております!

日本に帰ってきてから2年間。

この2年間は、大きな成功と大きな失敗を両方味わった。

日本縦断という成功。そして、東京に住み始めてからの失敗続き。

何一つ後悔はしておりません。

ただ悔しい気持ちは大いにある。


俺は今年入ってから2回、NYCに行ってきました。

1回目はVACATION感覚で。

2回目は友人の結婚式で。でも、この2回目は「もうこのままアメリカに残ってしまおう!」という気持ちがあり、1週間滞在を伸ばしましたが、『これは逃げなのではないか?』と思い、日本へ帰国。

その後、とりあえず俺は英語を使っている時の自分が好きだと思い、英語を使えるバイトを始めた。

塾の講師やアメリカ人の客が多いレストランでのバイト。


事務所もようやく宣材写真も撮れ、いよいよこれから!


そしていろいろオーディションも受けれるようになり、それらしい活動が始まった。



ところが続ければ続けるほど『これ、違くね?』『俺目指してるとこ違くね?』という疑問に陥り、
親も応援してくれるとは言ってくれましたが、本当にそこまでしてやりたいことなのか??

と、自問自答を繰り返す日々を送っておりました。

そもそも『違くね?』って思いながら続けること自体違くね?

俺はいったい何がしたいんだ??

そんな感じに自分を見つめ直す日々が始まっておりました。


前に日本から逃げたと感じた時は、日本(東京)の住み始めてから感じる負の部分に目が行きまくっていたけど、今はそんなことはない。むしろ日本はやはり好きだ。

でも、日本で何するの?

日本に居続けて、その先何が待っているの?











その答えが見つからない。


そして俺は本当に恵まれていて、NYCに働ける環境があり、俺に来て欲しいと言ってくれる人たちがいる。


日本にいても、「なんでまだ日本にいるの? 」というふうに喝を入れてくれる友達もいる。


だから



俺はもう一度、ニューヨークに行きます!



日本をもっともっと旅したいし、ヨーロッパや世界中ももっと旅したい。

だからニューヨークで働きながら、音楽的にも人間的にも、経済的にも成長して

世界中を飛びまわれる人になろうと思います。 


ニューヨークでのお仕事はめっちゃ大変だと思うけど

親にも言われた通り、初心を忘れずに、頑張ろうと思います!!





そんなわけで!大変急ではなりますが、来週日本を離れます!
皆がNYに来るのをお待ちしております!!

日本での最後のライブは今週の金曜!川崎にて!
是非来てね!!!!!
11894991_1063751673650020_5499558034936154255_o 
Hugh Yamada+高橋陽介+スズキケンタロー LIVEセッションのお知らせ
 
 
日本中を旅したシンガーソングライターの山田ヒュー氏、ジャズトロンボーン高橋陽介氏に、
パリより一時帰国した作曲家・コントラバス奏者、スズキケンタロー氏を招いてのライブのお知らせです。
 
Hughさんと陽介さんのセッション映像はこちら
 
世界を股にかけたミュージシャン達がどんな音を聞かせてくれるのでしょうか・・・
きっと実験的なセッションとなること間違いなしです!
         
◎8/21(金)19:00~START
 
◎入場無料・投げ銭制
◎ライブの後は宴会ですので一品持ち寄りをお願いします。
◎場所:川崎ファクトリー(アクセスは下のほうをご覧ください)
 
・山田飛佑
栃木県出身のシンガーソングライター。日本人の父とアメリカ人の母を持ち、18歳までを日本で過ごす。大学からニューヨークへ渡米し、声楽を専攻。20歳の頃からシンガーソングライターとしての活動を始める。影響を受けているミュージシャンは主に吉田拓郎とThe Beatles。7年間のアメリカ滞在後、2013年には自身のアルバムを持って帰国し、自転車での日本縦断弾き語りツアーを実行。各地での路上や流しでの収入のみを頼りに約一年間旅を続け、計88回ラジオに出演。札幌から沖縄までの旅を成功させる。 現在は東京を拠点に音楽活動を続けている。好きなものは寿司、温泉、そして自転車。
 
 
・高橋陽介
栃木県出身。三鷹市。
中学校からトロンボーンを始める。
高校時代から地元のジャズバーなどで演奏するようになり、その後も各地で演奏し続けている。好きな食べ物はカレー、餃子。
 
 
・スズキケンタロー
1973年生まれ、東京出身、パリ在住。フランスにおける音楽高等教育機関 クラシック音楽コントラバス科、並びにパリ第八大学にて学ぶ。これまでにJAZZ、ロック、バロック音楽、現代音楽、クラシック、ポップス、即興演奏、ワールドミュージック等、多種多様なプロジェクトに参加。近年では自身のプロジェクト「Espira」、「Otoms」の他に、映像、詩、演劇、ダンス、といった,音楽以外のメディアとのコラボレーションも精力的に行う。
その核にあるのは「出会い」と「会話」、そして音楽の進化と深化。
 
 
 
 
◎会場である『川崎ファクトリー』へのアクセス
 
〒210-0852 神奈川県川崎市川崎区鋼管通4-14-18
 
●JR川崎駅からお越しの場合
 
改札を出て右手、「東口バス乗り場」に。
 14番バス乗り場にて『川40』表示のバスにお乗り下さい。
 バス所要時間およそ10分。
 『鋼管通三丁目』にて下車。徒歩5分。
 
※タクシーでお越しの方は、
「市電通りエスパを過ぎた次の信号を右折、次の角を左折、さらに次の角を右折し、直進突き当たり」と、お伝え下さい。
 
●JR浜川崎駅からお越しの場合
改札口を出て、右方向に直進。
 日進レンタカーを右折、トンネルを通り、踏切を渡ります。
 一つ目の角を右に曲がり、次の十字路を右折。
 
 改札より徒歩5分です。
※浜川崎からお越しのお客様は、鶴見線・南武支線ともに電車の本数が少ない為、
 
 お時間には十分ご注意下さい。
 
当日の道案内やご不明な点は
 
℡ 044-344-3640(渡�辺治設計事務所)まで
 
http://www.owat.net/kawafac/ 

第10話 2012年のお気に入りミュージシャンズ - 番外編

どうも!ヒューです!

昨日UPした『お正月』という曲。
あれ実はお正月前に歌う曲なのですw ということで皆様来年のお正月まで今年も頑張りましょう!

さて、昨日も書きましたが、俺個人にとっての2012年のベスト3..に入れ忘れてしまったアーティストがいました(^^;)

あの3人(グループ)も間違いなくベストなお気に入りなのですが、番外編ということでもう1人(バンド)紹介したいと思います!!

Bon Iver ボン•イバー
2007年に結成されたアメリカンインディーフォークバンド。
2011年に出したBon Iverというアルバムが2012年にグラミー賞を受賞。また、最優秀アーティストとしても2012年にグラミー賞を受賞している。
メインボーカルのジャスティンもまたとても異色なシンガーソングライターである。
因にBon Iverというのはフランス語でGood Winter。良い冬という意味があるそうだ!

俺が初めて彼を知ったのはこれまた今のバンドメンバー、Masashiさんに薦められて見たこの映像でだった。

Wolves パリでのライブ映像


因に彼の凄い所はパフォーマンスもだが、彼の音源。
彼はオクターブ上や下も、ハモリですらも自分の声で歌ってかぶせてしまえる!
特に驚いたのは"Woods"という曲!
彼の"Woods"という曲はオートチューンという機能を巧く使いながら彼が全て歌っている。



そしてこれは今発見したものだがこの映像も凄く良い!
パリの道を歩きながらパフォーマンスしてしまうとか本当俺もやりたいわ〜って思ってしまうw
やっぱりバンドっていいよね!!!





ってな感じで!番外編も終了!!
彼らのようなオクターブでレコーディングするとかっていうのも是非試してみたいと思う!
今回のアルバムではやらないけどねw

2013年も刺激になるミュージシャンをいっぱい聞いて色々試したいと思います!!!
ギャラリー
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
カテゴリー
  • ライブドアブログ