Hugh's Life

ニューヨークで活動中のフォークバンド、ブリューグリーン•アンド•ザ•バビロンズのシンガーソングライターHugh Yamadaが送る日々の生活日記

カラオケ

第165話 (い)ざ!アート

どうも!ヒューです!

昨日でニューヨークに戻って丁度Ⅰヶ月。

着いた次の日から仕事は始まり、ニューヨーク生活はほぼほぼ仕事です。 
日本にいた頃はバイトでしたが今度は正社員。 でもやりがいのある面白いお仕事。
毎日がめまぐるしく動いております。
 
IMG_3249
こっちに来てからはこういった抽象画がメインになってきている。

というのも、こういう絵は時間がある時にシャッと描けるからだろう。 

スケッチを描くとなるとどうしてもそこでの集中力が20~30分は必要となるが、こういう絵は手が空いた隙に...シャッ!!

思うがままに描くことができる。 

ちなみに上の絵は『空の旅』
改名『リラリロ・リナ』と名付けた。

『空の旅』は飛行機の中で描き始めたからだ。
改名の由来はトランプカードで遊んでる時の大富豪からの有難気御命名。


今回、飛行機に乗る流れにも緊張感のあるストーリーがあった。

まず空港で。 ギターを持った女性とその目の前で踊り出す女性を発見。

まだ成田空港、日本ですけど?

IMG_3230チェックインまでの時間がまだ結構あったので
俺もリラックスして弾くことに。

さぁチェックインの時間だ!

並ぶとまさかのVISAがないから乗れないとか言われる。

いやいやそんなことないから!と事情を説明。

これを解決するのにおそらく30分くらいかかっただろう。

よし、行ける。っとおもいきや!

ギターは満席なので席の方には持ち込めません。

と来た!?

これは楽器だ!任せることはできない!っといつもならそれで無理やりお願いして通るのだが今回は完全にアウト。。

まじか〜(><)でもギター置いて(捨てて)いくわけにはいかない!

ってなわけでバブルラップを大急ぎ購入して、ぐるぐる巻きにすることにした。

IMG_3233
那覇-宮古島 那覇-石垣島のJALがやってくれた方法だ!

お陰でなんとかNYCまで無事に傷なくたどり着くことができた。

ありがとうございました! 

今回は成田-JFKではなく、成田-香港-JFKという流れで、香港でも入国し4時間だけ両親に会って朝飯を一緒にし、再び出国。

ニューヨークに着いてからは仕事関係の方々が歓迎会を開いてくださり
Home-town BBQueへ連れて行ってくださりました!
IMG_3239IMG_3238
バババン!!IMG_3241

最後の写真のハムwithマスタードがマジでうまかったね!脂身たっぷり!アメリカで痩せるのは諦めます(><)笑

 
その後、VOICEというフリーペーパーでの読者投票で一番に選ばれたというカラオケ屋 Avenue A SING SINGへ!

前回、壁に絵を描いたといったお店もこのお店です。

今、俺は毎週月曜、ここでバーテンをしております。

Avenue A SIng Sing

是非来てね(^^)

そして俺はこの辺に今住んでいるので、毎日カラオケを耳にする。

日本と違って個室だけでなく、バーで歌う人も多くいるし、カラオケをレンタルして自宅や会社でやる人もいる。

そんなわけで今回カラオケをテーマにしたこの絵は『カラオケで欲張っちゃったパーティー』
IMG_3290

いや〜欲張っちゃったね。
色塗る前、色塗ったあと、までは良かったんだけど水筆使い過ぎてしまった。欲張ってしまった。

そして、そろそろノートに小さくではなく、額に入れられるような大きさの絵を描いてみたら?っと上司にご指摘いただき、そこにあった和紙を開いて大きく描いてみることに!
 
早速、テーブルを綺麗にし、和紙を置き、持っている画材全てをテーブルに広げ、『(い)ざ!アート』の時間を設けることに。

IMG_3335さて、何を使って描いてやろうか。

しばらく円型のテーブルの周りをぐるぐる周りながら何を描いてやろうか 、どんな向きで描いてやろうか、頭の中に絵を浮かべてみる。



ん〜...

とりあえず和紙だし水筆で描き始めてみるか!と雲っぽい線を引いてみる。


そこにパステルを指につけて擦り付けながら描いてみる。




和紙だからか、直接和紙にパステルで描いたほうがいいと判断。 



適当に

思うがままに


深く考えすぎずに



描き始めてみると形になってきた。






題して

『夕陽と人』

和紙なので裏返しにした時にどう見えるかの楽しみもある。IMG_3337IMG_3338IMG_3339 












でも、今回のはズームアップする方がいいかもしれない!



IMG_3341















そんなわけで今後も大きいのをどんどん描いてみようと思います!


今晩はRED MOONだそうな。
赤い月を見に、夜歩きに出ます。


続く 

第20話 カラオケ Karaoke

どうも〜ヒュウです!2週間空けてしまいました。すみません。

まとめて書いた方が読みやすいと思ったので英語は日本語文の下にまとめて載せてます!

Hi it's Hugh! Sorry I missed to update twice..
I thought it's easier to read so I put all the English part below the Japanse blog!

昨日は友達の誕生日パーティーで、久々にカラオケ屋さんに行ってきました!

カラオケ屋さんと言っても、日本とアメリカではたいぶスタイルが違います。

まず発音は『カラオケ』ではなく、『キャラオキ』
この発音が意外と難しい(^^;)
とある仕事で車を借りに行く時に、会社名を伝えるんだけど、残念な事にあまり一回で通じた事がほとんどありません。。何が問題なのだろう? 今夜もその仕事が入ってるので一回で通じるよう頑張りますw



それはさておき、
日本の場合、カラオケ屋さんと言えば個室が当たり前。というかスナックとかでもない限り個室しかないとこがほとんどだと思う。

アメリカの場合はカウンター式バーのテレビで歌いたい人たちがサインアップして好きに歌って行く。
全く知らない人とかとも当然一緒に盛り上がるし、宴会会場みたいな感じだ。

そんでそういうのが嫌とか身内だけでやりたいとか、待たずにバンバン歌いたいという人だけ個室を使うって感じだね。


俺の大学付近ではカラオケ屋さんなんてものはなく、毎週木曜日の夜だけ、カラオケ好きなおっちゃんがバーにカラオケマシーンごと持って来て俺らに歌わせてくれてた。

俺が日本でカラオケをした時は個室だけだったもんだから、個人がカラオケマシーンをお店に持って来るとかかなり新鮮でした。

昨日のカラオケは日系だったので日本の曲もあり、俺がカラオケで必ず歌う歌を最後に披露してきました。

皆さん、石川さゆりをご存知ですか? そう、あの演歌歌手です。

彼女の津軽海峡冬景色は最高ですね!

でも俺がカラオケで歌うのはこっち

『天城越え』


成人式のあとの同窓会で初めてカラオケで歌ったのですがそれ以来必ず歌いますw

良い曲ですよね(^^)
因に英語で書いた方に載せた映像には英字幕が付いてます!そっちの方はまだ若かりし時の石川さゆりで、歌い方も違っていて、やはりそっちの歌もいいですよ!


ここからは宣伝!
3-16-gig
来週の土曜日にアッパーイーストにあるBar Eastという場所で夜8時からライブをします!!

今回は45分間演奏します!!

入場料は$10、+2ドリンクミニマムという事です!

場所: Bar East(Between 89th and 90th Street on 1st Ave.)

もし予定が空いてたら是非遊びに聞きに来てください!!

ではまた来週!


NOW ENGLSIH!!


So yesterday was my friend's birthday party and we went to a karaoke bar!

Karaoke is from Japan but the karaoke here and in Japan is pre-different.

Firstable, the pronounciation is different :) We say it karaoke, but the americans pronounce like Charaoky.
I don't know why but this is kind a difficult to pronounce for me.
At one of my job, I have to go get a van for a karaoke company and when you pick up the van, you'll have to tell them your company name. I say "I'm from Karaoke" but most of the time they don't get it by once. I have to repeat couple times..  I have that job tonight so hopefully I can say it correctly..


anyway,

In Japan, when you say let's go to Karaoke, most likely you'll have a private room. Unless you go to a snack karaoke bar, most of the places don't have a public space to sing.

In the US, most likely you will sing at a counter bar with all the other people that you may don't know each other.
And if you want to sing a lot or just want to have a private space, then people will use the private karaoke room.

The town where I went to a universtiy, there wasn't any karaoke bar.. but every Thursday night,
one old man who is an awesome Karaoke lover, brought karaoke machine to a bar  and let us sing that night.

When I did karaoke in Japan, it always had been at a private room and you know.. at karaoke store, so that the american way of doing karaoke, "bringing" karaoke was very interesting to me. I'm not saying we don't do that in Japan but I just think it's very rare compare to the US.

The karaoke bar we went last night was running by Japanese people so they had a few Japanese songs at there.  Therefore I decided to sing one of my favorite songs to sing at a karaoke!

Do you know Sayuri Ishikawa?  She is an Enka singer. Enka is a Japanese traditional music.

I really love her song call "Tsugarukaikyo fuyugeshiki"

but the one I sing always is this one

Journey beyond the Amagi gap (Amagi goe)


I sang this song at the reunion of my Junior high school when I turned to 20. Since then this is a song that I have to sing at a Karaoke if they have :)

It's a great song isn't it?
The video I put on in the Japanese part doesn't have the english subtitle but she is older. The way she sings is different and I really love it both!

NOW I WANT TO INVITE YOU TO MY GIG!!!
3-16-gig

March 16th, from 8pm
@ Bar East (between 89th and 90th St, on 1st Ave.)

$10 at the door + 2 drinks minimum

We'll play for 45 minutes!!
Please come if you are free on that night! It's gonna be fun!!

ギャラリー
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
  • 第165話 (い)ざ!アート
カテゴリー
  • ライブドアブログ