Hugh's Life

ニューヨークで活動中のフォークバンド、ブリューグリーン•アンド•ザ•バビロンズのシンガーソングライターHugh Yamadaが送る日々の生活日記

第8話 2012年のお気に入りミュージシャンズ•ベスト3 - 第2位

今年も明日で最後の日。去年の今頃のことを考えると去年とは全く違う年を送ったなと凄く感じる。
まぁといってもその前の年も全然違った気もするし、毎年のことかw

さて、今日は俺の中での今年2位のミュージシャンを紹介したいと思います。

Damien Rice ダミエン•ライス
彼を俺が初めて知ったのは数年前に兄貴から頂いた日本のアルバム『ビューティフル•ソングス~ココロ デ キク ウタ~』に収録されていた"ザ・ブロウワーズ・ドーター"  その時は誰が歌ってるとか知らず、ただ良い曲だなぁと聞いていただけだった。

更に彼の『ボルケーノ』という曲があるのだが、俺がギターを始めたばかりの時に一度だけ組んだバンド?でカバーすることになり、チェロのソロの部分だけ弾いたことがあった。
今年入るまであまり知らなかった割に意外と結構前から知っていたようだ。

ライスって聞いた時は米?って思ったけど、お陰で速攻覚えられました。
因に昨日のグレンに続き、彼もアイリッシュ。

彼は一度90年代にロックバンドに参加していたが、やめてイタリアのトスカニーに移り、しばらく農家で働いていたそうだ。その後またアイルランドに戻り、今度はヨーロッパをバスキング(路上ミュージシャン)で1年旅したとのこと!!
(グレンもそうだったが、やはりフォークシンガーはバスカーですな!昔のフォークシンガー、ボブ•ディランやウディー•ガスリーも旅してたしね!俺も旅しなければ!!ってか旅したい!!!!)

そして、その旅後、2001年に出した曲が先に話した"ザ・ブロウワーズ・ドーター"
 続いて2002年にアルバム"O"をリリース。

この"O"っていうアルバムを俺はめちゃくちゃ聞いてます!
聞いたことない人は是非聞いて欲しい!
グレンとは全く違い、アルペジオ系の綺麗な音が多く、チェロもあり、曲によってはソプラノ歌手が入っていたり、よりクラシック色が強いレコーディングでとても聞きやすい。
そして、彼の声はグレンと比べると弱々しいが、その声から切なさが凄く伝わってきます。

彼の"ザ・ブロウワーズ・ドーター"をカバーしてる人が結構多いことを最近発見してかなりびっくりしています。
俺の中では彼の曲はもう彼にしか歌えないものがあると思う。

俺が歌った所でただの真似で何も伝わらない気がする。
グレンのは大好きすぎてカバーしたことはあるが、やはり2度とカバーするかと思ってしまいましたw

パーソナルな曲が俺は大好きで、日本で言うと尾崎豊が大好き。
だけれでもパーソナルすぎる曲は俺としてはカバー出来ない。

全部が全部という訳ではないけど他人がカバーしていたとしても『え〜お前がこれ歌っちゃうの??』って思ってしまう。

カラオケとかはいいけどねw

さて、そんな彼の曲の中でも俺のお気に入り&PVのある曲をいくつか聴いてもらいたいと思います!

因に彼のPVは良く気持ち悪いと言われますw

The Blower's Daughter ザ・ブロウワーズ・ドーター


Volcano ボルケーノ


Delicate


9 Crime - これは2006年に出した"9"というアルバムに入ってる曲です。



そして今日はバンドのリハがありました。
これまで俺は耳と目で覚えて、それをバンドメイトに教えてという感じでやってきてました。
それは周りのレベルが高かったのと2人とか3人だったから出来たことなんだなと反省。

でもまぁ、やはりドラムやチェロなどのベース音が入ったり、これまでにない音が入ってくるのは楽しい!
もちろん、全然欲しく無い音とか入れられたら嫌になるけど、何が欲しいのかきちんと伝えられるようにして、本番のレコーディングでは良い音が取れるようにしたいと思う。

今年もいよいよあと一日!頑張りましょう!
皆様よいお年を!

第7話 2012年のお気に入りミュージシャンズ•ベスト3 - 第3位

今日から残りの3日間で俺個人の2012年に聞いたベストミュージシャントップ3を紹介したいと思う!

まず3位は... Glen Hansard グレン•ハンザード

彼はアイルランド人で、13歳で学校を辞め、ダブリンの路上でバスキング(路上で演奏すること)を始める。そこで出逢ったメンバーと組んだバンドが"The Frames"

俺はてっきりThe Framesって炎のことだと思っていたのだが、グレンが友達の自転車を良く直していたらしく、それで車輪のフレームから来てるとのこと。
自転車好きな俺としてはアイリッシュであること以上に親近感がわいてきたw

アイルランドではU2に並ぶバンドとして活躍していたものの、数年前に出た『ONCE』という映画でアメリカなどで大ヒット!アカデミー賞を受賞。
この映画は元々彼のバンドメイト(ドラマー)が彼の人生(実話)を元に映画にしたものだったとか。今ではブロードウェイでミュージカルかされてトニー賞を受賞。

今年はニューヨークに彼が来たので彼のライブを見に行ってきたがやはり素晴らしかった!

まず彼のアコギは見た目がやばい!そしてギターさばきも半端ない!!
そして彼の武器はリズム感、ストローク、そしてあの力強い声!
彼の叫ぶような歌声は本当に胸に来る。
俺には残念ながらとても真似の出来ない歌い方だが、彼のリズム感やアコギのストロークと強弱に関しては俺は彼を目指したい!

数曲紹介したいと思います。

Say it to me now ー カリフォルニア州のロングビーチでの路上



When your mind's made up ー お気に入りの曲!後半が凄いので是非最後まで聞いて下さい!


High Hope ー これは俺が行った時のライブの映像です!トークも良かったし本当に楽しめました!



さて、明日はレコーディングに向けて、ドラマーとチェリストとの初合わせ!
どっちも一緒に演奏するのは初めてだけど大学からの友達で合うのも久しぶり!
うまくいきますように!!

第6話 期待

今日は自分の夢が自分一人のものではなくなって来たということを少し実感しました。
ニューヨークに来て、音楽以外のことも沢山やっていろんな人と出逢って
お陰で俺のことを自分のことのように応援してくれる人たちが出来て
もっと頑張ってマジで成功しないとなって思わせてくれたり、成功してもらわないと困ると言ってくれたり。
こういうプレッシャーをかけてくれる仲間が出来たことが本当に嬉しい。

もちろん応えなければならないので口だけじゃ駄目だけど
頑張りたいと思います!

まずはこの新しいアルバムをダメだし出来ないぐらいに最高のものに仕上げよう!

頑張ります!!

ギャラリー
  • 第170話 クルーズライフ - お仕事編 -
  • 第170話 クルーズライフ - お仕事編 -
  • 第170話 クルーズライフ - お仕事編 -
  • 第170話 クルーズライフ - お仕事編 -
  • 第170話 クルーズライフ - お仕事編 -
  • 第170話 クルーズライフ - お仕事編 -
  • 第170話 クルーズライフ - お仕事編 -
  • 第170話 クルーズライフ - お仕事編 -
  • 第169話 研修期間終了 LEARNING PROCESS ~1~
カテゴリー
  • ライブドアブログ